<   2018年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

VR(フィンランドの近郊列車)の運行状況

来月のフィンランド旅行では、
現地の日本人ガイドさんに、ヌークシオ国立公園で半日ほどお世話になるのですが、
近郊列車のちょっとした運行障害のお知らせが、
昨日メールで届きました。


空港からヘルシンキ市内への往復は、バスを利用する人が多いそうですが、
私はリング・レールという環状線の列車を使います。
(2015年7月に出来ました)



6月24日から始まる路線補修に伴い、7月17日までは以下のような経路に。


電車
ヘルシンキ中央駅→空港(問題なし)
空港→ヘルシンキ   (ひとつ手前のパシラでストップ・乗り換え要)

電車
空港→ヘルシンキ (問題なし)
ヘルシンキから空港 (運行せず パシラから出発)

環状線なので、いつもならどちらの列車に乗ってもOKなのですが、
この期間だけは、乗る列車を考える必要がありますね。




「実質的な問題はないでしょうが、もしかしたら戸惑われるかもしれないので...」
とのメールの言葉。

はい、戸惑いますとも~(笑)
駅や列車の中でフィンランド語でアナウンスがあったとしても、
きっと(もちろん)理解不能....。
英語でも、う~ん、こういう不測の状況は意味がつかめないかもしれない(とほほ...)


こういうちょっとした現地情報は、とても役に立ちます。
現地の方とつながっているのは、こんなときありがたいものですね。



今年フィンランドに行かれる方は、ご注意くださいね。




[PR]
by murmur-cafe | 2018-06-21 21:10 | ヘルシンキ2018 | Comments(0)

ふつうの毎日

久しぶりに体感した大きな地震は、震度4。
リビングにある古い柱時計の針が、7時58分で止まりました。
マンションのエレベーターが停止したくらいで、
幸い我が家は、何も被害はありませんでした。


通勤時間帯だったために、
長女は3時間も電車の中に閉じ込められましたが
そのあと線路を黙々と最寄駅まで歩き、
次女が車を出してくれたおかげで、
なんとかお昼頃には職場へたどりつくことが出来ました。


幸い仕事が休みだった私は、
あやうく帰宅難民になるところをまぬがれました。
いつもの時間に出勤していたなら、JRは夜遅くまで運休したので、
ほんとに途方にくれるところでした。




熊本の地震では、2日後に本震がきたという記憶も新しく、
入り組んだ複数の断層の状況が、
大阪とよく似ているということでしたので
まだまだ不安な日々でしたが、
だんだんといつもの毎日に戻りつつあります。




ふつうの毎日。





何も変わったこともなく繰り返す平凡な毎日は、
でもとてもありがたいことなんだと、実感しています。










[PR]
by murmur-cafe | 2018-06-20 23:09 | おもうこと | Comments(0)

夜8時の習慣

毎日午後8時になると、
娘とふたりで始めることがあります。



それは、ラジオ体操(笑)




今週からはじめました。
日頃からの運動不足は、わかっちゃいるのだけど解消できない。
ランニングや歩く時間もなかなかとれず、
泳ぎに行く時間もつくれないし。
気をつけていることといえば、
なるべくエレベーターには乗らないで、階段を歩く....
そんなことくらいで(汗)


だけど年齢とともに、
健康診断で数値の上がる、コレステロールや中性脂肪。
ほんと、なんとかしなくちゃ...と思いつつの毎日でした。



ラジオ体操第一をして、首の運動をはさんで、第二をしてワンクール。
You Tubeで音楽を聞きながら、動画を見ながらやります。
(なつかしいです^^)
これが結構気持ちよくて♪
首や肩を回すと、それだけでもとても気持ちがいいです。
最初はギシギシ・ポキポキと、なんか音までする始末でしたが。
軽く跳躍するだけでもしんどかったのが、
回を重ねるごとに、確かに体が軽くなってきました!
おなかも、ちょっとヘコんだ気がする♪



ひとりじゃなくて誰かと一緒だと、結構続けられそうな気がします(笑)
このまま毎日頑張ります♪





[PR]
by murmur-cafe | 2018-06-14 22:45 | たのしむ | Comments(0)

心地よい1日に

ほどよい気温と、乾いた空気。
風もここちよく吹いて、今日はさわやかな1日です。


先日までのじめじめした湿度は、70%超えでした。
なんだかだるくて、ひたすら眠くて。
何をやっても疲れてた日々が、まるでうそのようです。
湿度って、ほんと心地よさのバロメーター。


今、気温25度・湿度58%です


7月のフィンランドは、ちょうどこのくらいなのかな?
最高気温は24度くらいで、朝晩は冷えるので長袖必須。


昨日は現地でガイドをお願いしている担当の方から、
「電車の夏期時刻表が発表されました」と、メールが来ました。
ヌークシオ国立公園を案内してもらうために、
ヘルシンキではなくて、少し郊外の駅に車で迎えに来てもらうので、
待ち合わせの時間を決めました。
何もかも旅行会社におまかせにすれば、
たとえばホテルまで迎えに来てもらえたりもするのですが、
出来るだけ自分で動くことが好きなので、
こんなふうに少しずつ手作りして、
プランを組み立てていくことも、私にとっては旅の楽しみのひとつです。



何よりも、安く上がりますし.....(ココ、大切なのです!)



旅の計画をゆっくりつくっていくところから、
もうすでに、旅は始まっているのでしょうね♪





[PR]
by murmur-cafe | 2018-06-13 18:07 | たのしむ | Comments(0)

検査結果

「治った...ということになるのでしょうね」
という診断結果を告げる先生の言葉。


「え? 治った?」


子宮頸がんの疑いの6ヶ月経過の細胞診の結果は、
うれしいことに今回も「異常なし」でした。





私のカルテにははっきりと、
「子宮頸がんの疑い」という文字が書かれているのですが
(なんていやな、どきっとする表現)
誤解をしてはいけないのですが、
がんが治ったのではなくて、
がんになる前段階の「細胞の異形成」が、正常化したということらしいです。
様子を見ているうちに、
このように自然治癒することはよくあるそうなのです。



それにしても最初から、
「異常なし」の連続で。
(異常があったのは、近くの婦人科で受けたいちばん最初の検査だけ....)
あんなにつらかった次の段階のコルポ検査では、

「おかしいなぁ。異常が見つからない」
「検査の整合性がつかない」
と、つぶやく先生。


すぐ受診した再検査で、
どうしてそんなに早く異常がなくなってしまうんだろう?(笑)




ナゾは深まるばかりなのですが、
ともかくも、アブナイ場所から無事生還(!)出来た喜び。
(おおげさですが....)


これからも健康のありがたさをかみしめて、
毎日を大切にしなくっちゃ....。
そして次の6ヶ月経過の検査も、忘れずに受けようと思います。















[PR]
by murmur-cafe | 2018-06-12 22:55 | おもうこと | Comments(0)

久しぶりの 子宮頸がん検診

「前回は9月だったので、少し遅くなりましたね」
と、担当の先生に言われて、
「あ。そうでしたか....。すみません」と私。



6ヶ月経過観察の子宮頸がん検診のために、
細胞診を受けてきました。


この経過は以前の記事でも書いていたのですが、
「子宮筋腫があるから1度婦人科で診察を」と、内科のお医者さんで言われて、
ついでに受けた子宮頸がん検診。
かなり心配になる数値でひっかかり、
さらなる検査のために紹介状をもらって、市民病院へ。
コルポ検査を受けたのですが、何故か異常なし。
3ヶ月の経過観察でも、異常なしでした。


なあんだ、大丈夫やん!と、
ついつい6ヶ月経過を過ぎて、やっと今日細胞診を受けてきました。





予約をとっていっても1時間近く待たされるのは、
ひとりひとりの診察に結構時間がかかるためで、
待合室の椅子に座っている間にも、

「それではあちらで入院の説明を」

などという看護師さんの言葉を何度も耳にはさみます。
大きい病院ならではの、情景なのでしょう。



そんなふうに告げられている人たちは誰しも、
「まさか自分が」
「自分だけは大丈夫だと思ったのに」
などと根拠のない自信や、
異常なしを祈るような気持ちを持って、
この同じ待合室に腰かけておられたのかもしれないなと、
そんなふうに思いました。



くじけることがあったり、
へこむことがあったり、
人のことをうらやんでみたり、
自分を人と比べて、自信を失くしてみたり....。
だけど、だけど、
健康な体さえあれば、
そんなこと、ほんとうにつまらないことに思えてしまうんですよね。



何かがあってはじめて、
健康だというありがたさをかみしめられるような気がします。
そして平凡でつつましい毎日にも、
そっと感謝をしたくなります。











[PR]
by murmur-cafe | 2018-06-04 16:06 | おもうこと | Comments(0)