人気ブログランキング |

<   2015年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

それはちょっと、ちがうかな?

図書館のカウンターで本の貸し出し手続きをしていたときに、
職員さんが私に何か言われて、よく聞き取れなかったので、
「え?」と聞き返すと、



「ねこがお好きなんですか?」と聞かれた。



私がぽかんとしていると、
「表紙にねこの絵が描いてあるので」と、
いちばん上の本の表紙を指さされた。


本は、
「チーズと塩と豆と」という短編集で、
角田光代・井上荒野・森絵都・江國香織のアンソロジー。


「いいえ、作家さんが好きなので...」とにっこりして答えると、
「いいひとばかりですよね~。私も角田光代さんが好きです」とのこと。
「方向音痴とおっちょこちょいなところが角田さんと似てるって、友だちから言われるんですよ」と、
そんなことまでつけたして、若い彼女はニコニコして本を手渡してくれた。






私も職場の図書館で、ほとんどカウンターに座って仕事をするので、
彼女の気持ちがよくわかる。
私も好きな作家さんの本の貸し出し手続きをするときに、

「この本、とても面白かったですよ!」とか、
「私もこの作家さん、大好きなんです」
なんて、親しげに話しかけたくなる。


でもね。
そういうことは言わないように、ガマンする(笑)


どんな本を借りるかは、とてもプレイベートなことなので、
余計なことは、きっと言われたくないだろうな、なんて思う。
「なんか私のこと覚えられるかも。。」なんて余計な心配もされそう。

立派な本を借りてるときはいいのだけれど(何が立派なんだか...?)
人にタイトルを知られたくない本を借りるときだってある(笑)
そんなときに、その本のことを話題にされるのは、
ちょっとカンベン、と思うんじゃないかなと思う。


今日の笑顔満面の彼女は、
きっとこういう親しい感じのやりとりが、
市民サービスになると思ってるんだろうな。
とてもやさしそうな人だったから。




でも、ちょっとちがうかな.....?
ごめんなさい、私はそう思います。
by murmur-cafe | 2015-11-23 17:25 | おもうこと | Comments(0)

何気ない毎日を

たしかに、13日の金曜日だったなぁ。

いっしょに街歩きのバルに行こうと、娘の帰りを待っていた雨の夜。
いつもよりも早めに帰宅できた娘に、
「雨、まだ降ってた?」と顔を向けると、ポロリと涙を流した娘の、
手首やひざや足首から、血がにじんでいた。

突然飛び出してきたワゴンに驚いて、
原付で転倒してしまって。

傷口を消毒してしばらくすると、
歩けないほどの足の痛み。




骨が折れてなくて、本当によかった。
このくらいの軽いケガですんで、よかった。
翌日の土曜日にちゃんと近くのお医者さんでみてもらえたので、
ケガをしたのが土曜日でなくて、よかった。
仕事が珍しく2連休で、よかった。


そんなふうに「不幸中の幸い」を
いくつもいくつも考えられるくらい並べたてて、安心しようとする。




何気ない毎日の暮らし。
ささいなことで落ち込んだり、いやな気分になったりすることだってたくさんある。
職場でストレスをためたり、他人の言葉で簡単に傷ついたり...。
何も楽しいことがないと、つまらなく思ったり。


だけど、ただ健康であることのありがたさを、
しみじみ感じるのは、こんなときなんだなぁ....。



そして母親というものは、子どもの痛みにとても弱い。
自分が傷つくことよりも、もっともっと痛い。






若いということはありがたいことに、回復力もめざましくて^^
お医者さんで借りた松葉杖は結局1日しか使わずじまいで、
娘は、仕事もなんとか休むことなく頑張れて、
ようやく普通に歩けるようになってきました。




安心しました。
by murmur-cafe | 2015-11-22 09:46 | おもうこと | Comments(0)

休日のお楽しみランチ♪



今日は、2つのお店からテイクアウトしたランチです♪

a0291602_17275165.jpg


果物屋さんがつくった フルーツサンドと、
パイ屋さんがつくった かぼちゃのクリームシチュー。
ドリンクはシチリア産のレモンのレモネード。

本当は昨夜、娘といっしょにひと駅おとなりの「まちなかバル」というイベントで、
チケット片手にちょっとした1品とドリンクの、お店めぐりの予定でした。
ずっと前からとても楽しみにしていたのだけれどなぁ。




アクシデントがあって、昨夜は出かけられず....。
(このことについては、また後日^^)




イベントは昨日と今日の2日間だけなので、
前売りで購入していたチケットを、なんとしてでも使わなくちゃ!
テイクアウトできるお店をなんとか探して、
無事ゲットできました~。
(たいてい数量限定なので、売り切れることも....)



果物屋さんのサンドイッチは、ずっと前から食べたかった♪
とびきり新鮮なフルーツがゴロゴロ入ってて、
ぐっと甘さ控えめで美味しかったです。


3人分買ったので、9枚のチケットのうち6枚消化。
あとは、なんとか有効期限中に、
ほかのお店へランチへ行って、なんとか使い切ります!
by murmur-cafe | 2015-11-14 17:55 | たべること | Comments(0)

くつろぐときに....

普通のお湯呑なんだけれど。
なんでもないデザインなんだけれど。

a0291602_21431141.jpg


とても落ち着くんだなぁ、これでお茶を飲むと。
くちびるにあたる感触がやさしい。
この薄さが心地いい。

そして手のひらでつつむと、
両手のなかにほっこりとおさまって。


実は同じマンションに住む友人の、ご主人の手づくり。
趣味で何年も陶芸を続けておられて、
マンション内の作品展で展示されているのを見た私が、

「よくこんなに薄くきれいにつくれるね~。ご主人、腕があがったね!」と
友人につぶやいた、その日の夜に、
なんと、その感想を友人から聞いて喜ばれたご本人が、
私にプレゼントしてくださった。




うれしいなぁ。




その心遣いがとてもうれしかったので、
これでいただくお茶に、
こんなにもゆるりと心がほどけるんだろうなぁ。




きれいな写真じゃなくて、ほんと残念なんだけれど、
シンプルで美しい器です。
by murmur-cafe | 2015-11-10 22:06 | たのしむ | Comments(0)

11月の空気

職場の大学へ続く通勤の道。
紅葉がだんだん色づいてきた。

そうそう、これが11月の空気。

まだコートをはおるほど寒くはなくて、
だけどもうきっぱりと夏とは決別して。
しんとした空気のなかで、
日ごとに紅葉の色が深まっていく。


この気温。
去年の今頃、フィレンツェに行ったっけ。
ちょうどこのくらいの気温だったなと、体がなつかしく記憶している。
あっというまに1年がたってしまったんだなぁ。
時の流れがどんどん加速して、
早くなるように感じるのは何故なんだろう。



1年の中で、
私は11月がいちばん好きかもしれないな、と
この頃ふとそう思う。


いっぺんにあでやかに咲いてしまう桜の花よりも、
日1日と美しさを深めていく木々の紅葉が、
心に沁みるようになってきたのは、
50代という年齢のせいかもしれないな。


2年前に見た京都の常寂光寺の、
燃えるような紅葉の美しかったこと。
刻々と移り変わる自然の営みのなかで、
その日、そのタイミングで巡り合うことが出来るというのも、
おおげさだけれど運命というか、縁というか...。


これまでのことやこれからのことを、
思い出したようにふと立ち止まって、
静かに考えてみたくなるこの頃。
11月は、そんな季節。
by murmur-cafe | 2015-11-08 09:44 | おもうこと | Comments(0)

ルーシー・リー展

今日はお天気がよくて、気持ちのいい秋晴れ。
大学入試で校内立ち入り禁止なので、今日明日と仕事が休みです。
これはもう、お出かけしかありません^^


久しぶりに姫路市立美術館へ行ってきました。

前から見たかった、「ルーシー・リー展」
女性らしい柔らかなフォルムと、色鮮やかな釉薬。
ほんとに素敵。
a0291602_1651211.jpg

平日に行ったおかげで、ゆっくり見ることができました。
ここの美術館はシンプルなつくりの展示室なので、
疲れることなくじっくり楽しめるので、好きな美術館のひとつです。

もう亡くなって20年になるけれど、
ルーシー・リーはとても魅力的。
インタビューにこたえながらろくろで作品をつくる彼女の、
年老いているのになんて可憐なこと。
上映していたフイルムも、最初から最後まで興味深く見ました。

彼女の作品が大きな評価を得られるようになったのは、
65歳を過ぎてからだとか。
そんなことを知ると、なんだかこれからの自分の人生のはげみにもなります。



お昼ごはんは、あちこちウロウロして、
メインの通りを1本はずれた筋に、何やらおいしそうなあなごを焼くお店発見。
並ぶ人の列に加わって、「あなごめし」を。
中はテーブル席が4つほどなのに、大盛況!
理由がわかりました。
安くて、ほんと美味しかった~。
a0291602_1733871.jpg

                          お吸い物とお新香つき♪
by murmur-cafe | 2015-11-05 17:10 | うつくしいもの | Comments(0)

古すぎる本だけど

今日は毎年恒例の、私のまちの図書館の「図書リサイクル」デー。
毎年文化の日の11月3日に、いらなくなった本を無料で分けてもらえる。

いらない本というのは、古くなっって利用が見込めない本とか、
寄贈されたけれど受入れできなかった本とか、
何冊も複本があって不要のものとか。


整理券配布時間の1時間半前に到着すると、
今年は、なんと2番だった!
あれ?早すぎたかな?
だけど200枚の整理券は、あっというまになくなって大盛況。


今年は9冊いただいて、その中の2冊がこれ。

a0291602_15261296.jpg

傷んではいないのだけれど、
中のページは、まわりがぐるりと日に焼けていて。
「まちがいなく初版本!」と思ったけれど、
次の版の昭和52年発行の単行本で、ちょっぴり残念...。



もう30年以上前になるかな?
この本の文庫本を読んで、とても感動して。
1週間ほど次の本を何も手にとる気がしなかったっけ。
これを読んでから、ちょっと山岳小説にもはまったなぁ。



思い出深い本なので、大切に持って帰りました。




うれしかった♪
by murmur-cafe | 2015-11-03 15:39 | ほんをよむ | Comments(0)

フリーマーケットで

もう余分なモノを持つのは、やめよう。
ものを増やすときには、よ~くよく考えてからにしよう。


これが、最近の私のモットーなので、
昨日マンションの敷地内でひらかれていたフリーマーケットをのぞくときには、
固い決心をして、行くことにした(笑)



そこで見つけた、民芸ちっくなカゴ。


多分、中国茶のセットを入れるカゴじゃないかな?
新品だけど中には茶器はなく、
コースターにできるような、ちっちゃな敷物が2枚入ってた。

ダイニングテーブルの上に、木箱に入れて置いてるランチョンマット。
ほこりがかかるのが気になっていたので、
このフタつきのかごなら、ちょうど良いかも。


でも近頃100均でも、探せばこじゃれたモノがあるしなぁ。
もっとぴったりのものがあるかも。
300円のお値段を前にして、悩む。
たかが300円でも、衝動買いをしないわたしって...(笑)
やっぱりやめとこ、モノを増やすのは、と思っていったん部屋へ帰りました。

しばらくして、もうすぐ「フリーマーケット終了です」のアナウンスが聞こえて、
ちょっと心が動く(笑)
もう1度行って、まだ売れ残っていたならやっぱり買おうかな。


あ、あった。
しかも100円になってる~♪
私って、ほんとささやかなことで幸せになれます。
安上がり(笑)


a0291602_118563.jpg

                         ふたは丸いんだけれど、入れ物は四角♪
by murmur-cafe | 2015-11-02 11:17 | たのしむ | Comments(0)

ブックマーカー

友だちから、素敵なものをもらいました♪

a0291602_17244493.jpg


本にはさむ しおり です。
商品名は「活字ブックマーカー」

開いた本のページの上にのせると、
まるで活字がピヨ~ンと、とびだしてきたみたい♪

文字の部分はポリプロピレン製なので、
折れたりしないとは思うんだけれど、
使わないで、もう少しこのまま眺めていようかな(笑)
by murmur-cafe | 2015-11-01 17:31 | たのしむ | Comments(0)