人気ブログランキング |

<   2012年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

台風なので

台風17号の接近で午後からますます風が強くなってきたので、
家にこもって、今日は久しぶりにクッキーを焼く。


『おやつですよ』という本で大ファンになった、なかしましほさん。
図書館で借りた『まいにち食べたい ごはんのような クッキーとクラッカーの本』
のレシピで、きなこクッキーを焼く。

なかしまさんのレシピは、いつも素朴でとびきりやさしい味わい。

焼きあがるころから、きなこのふんわりした香りが台所にただよう。
うっかりとかくし味につかうお味噌を、お昼ごはんで使い切ってしまったけれど、
とても美味しく出来ました。

コーヒーや紅茶でなくて、今日は煎茶でおやつの時間♪
by murmur-cafe | 2012-09-30 17:30 | たべること | Comments(0)

草間彌生ワールド

日頃あまりテレビを見ない私だけれど、
今日は午後10時からのNHKスペシャルの草間彌生さんの番組を楽しみに。


今年の春大阪で、草間さんの「永遠の永遠の永遠」をみた。
友だちから誘われなかったら、きっと行くことはなかったと思う。
普段私が好きで行くような感じとは、全くちがう展覧会。
a0291602_029818.jpg

83歳の草間さんの作品のエネルギーに圧倒されて、
心にずしんと響く力があって、
なんだか大きなパワーがどかんと体に突進してきた。

自分の好みのフィールドの中だけではなくて、
普段みることもない作品を見るのも、とてもいいものだと実感。
a0291602_0301291.jpg

そして今日再び、なつかしい草間さんの作品をテレビの中で見ることができた。

「わたし大好き」
「わたしの神様はわたし」
「わたしって天才」

心が不安定な生き方をしながらも、
そうきっぱりと言い切る草間さんのエネルギーがすごい。

時間を忘れて、また不思議なパワーを再確認したひととき。



                    (写真は大阪国立国際美術館で展示されていた、撮影OKの作品です)
by murmur-cafe | 2012-09-29 00:53 | うつくしいもの | Comments(0)

居場所

図書館へ転職して、半年が過ぎた。

これまではどういう仕事であっても、3ヶ月もすれば新しい職場に慣れたのに、
今回はとても時間がかかったように思う。
それはやっぱり年齢のせいもあるのだろう。


はじめての職種であるので、はじめてのことばかり。
本は結構重いので、予想していたとおり結構肉体労働でもある。
覚えなければいけないことも、山のように多かった。
「図書館が大好き」という思いだけで、転職を夢見て司書の資格もとったのだけれど、
あこがれはあこがれのまま、おいとく方がよかったかなぁ....と思うこともあったっけ。

でも半年が過ぎて、「あれ?」と思うくらい疲れなくなった。
気持ちにもゆとりがうまれ、失敗しても落ち込んだ気持ちから立ち直るのがずいぶん早くなった(笑)


そうそう、今のこの気分。
職場を「私の居場所」と思えるようになったこと。
これが、何よりもうれしいな。


たいへんなことも多いけれど、
疲れるときだってあるけれど、
「働く」ということが、やっぱり私は大好きだ。
by murmur-cafe | 2012-09-27 21:11 | おもうこと | Comments(0)

久しぶりに

2年ほど前に勤めた職場で、一緒だった人からメールがきた。


「また、みんなで集まって飲みましょう♪」


うれしいな。
長年の職場を退職してから、緊急雇用で半年間だけの期限つきで勤めたところだったので、
同期といえども、ほんの短期間のおつきあいだった。
それでもこうしてつながりがあって、たまにみんなで集まるのはすごくうれしい。


そういえば年を重ねれば重ねるほど、人づきあいも無理をしなくなったなぁ。


「無理に話をあわせない」
「いい子ぶらない(笑)」

そんなささやかな心がけだけでも、
人生はものすごく楽に、そして楽しくなる(笑)


なつかしい年下の友人たちと久しぶりに集まって
ワイワイ笑って、楽しく過ごそう♪♪
by murmur-cafe | 2012-09-26 21:38 | おもうこと | Comments(0)

大丈夫。

図書館の仕事というと、ラクチンそうに優雅に見えるけれど、
体力仕事も多いし、事務作業も山のように多い。
カウンターに入れば、いろいろ聞かれることも驚くほど多岐にわたる。


今日は、入って2ヶ月くらいの新人さんと一緒に、図書館のカウンターにすわる。
はじめてのことをいろいろと聞かれてとまどう彼女は、
仕事が終わって一緒に帰る途中で
「今日はほんとにわからないことばかりで、落ち込んだ~」と肩を落とす。



わかる、わかる。
私もそうだったもの。



「今日はこんな失敗をした」
「こんなことを聞かれても、なんのことかさっぱりわからなかった」
こんな思いを毎日山のように胸にかかえて、私もしょんぼりしていたっけ。


新人さんは、私から見るといつも笑顔で気持ちよく仕事をこなしている。
謙虚でとても感じのいいひとだ。
落ち込むことなんて全くない。
わからないことにたくさんぶつかるのは、あたりまえのことだもの。

彼女を見ていると、私もささいなことで落ち込むのはやめようと気楽になった。
だって、自分が気にするほど、人は自分の失敗をこれっぽっちも気にとめてもいないもの。



私がこの職場に入ったばかりの頃、いろいろとついて教えてくれた派遣さんは、
私が落ち込むたびにいつも言ってくれたっけ。


「大丈夫、ぜんぜんだいじょうぶ」


そして必ずあとに続けて、
「あなたってもう入って3年目くらいに見えるよ。大丈夫!」

そんな落ち着いているとは思わなかったけれど(笑)、
でもその言葉に私はちょっぴり自信を取り戻して、とても勇気づけられたっけ。


だから私も新人さんに、ことあるごとに声をかけるようにしている。

「あなたは絶対に大丈夫!」
by murmur-cafe | 2012-09-25 19:28 | おもうこと | Comments(0)

風景

ベランダから外を眺める。
a0291602_14345116.jpg



つい何ヶ月か前には、
我が家と同じ高さの社宅の建物が、目の前に何棟も建っていた。
会社の社員食堂も、子どもたちのための公園も。
公園では娘たちが幼い頃よく遊びもしたし、
命のつきた我が家の歴代のハムスターたちも、
この公園のそばの植え込みの土の中で眠っている。


変わるとは夢にも思わなかった目の前の風景が、
時の流れとともにがらりと変わることは、不思議でも何でもないのだけれど、
24年間見慣れた風景は、目を閉じるとまだ確かにそこにある。


いつまでも平坦だと信じて疑わない人生も、
いつかきっと音をたてて崩れていくこともあるのだろう。

それは新しい希望の光であったり、
受け入れがたい悲しみであったりもするのだろう。



新しい風景は、どんなものになるのだろう。


そしていつのまにか、
それは何でもないあたりまえの存在に変わっていく。
by murmur-cafe | 2012-09-24 14:41 | おもうこと | Comments(0)

ジャム作り

この頃ずっと、ジャムは手作り。
手作りというほど手間もかからず、あっというまに出来るのがうれしい♪
市販のものよりも香りがあって、断然美味しいし、ずっと安上がり。

a0291602_21431964.jpg
今日はグレープフルーツがお買い得。
さっぱりした、さわやかな甘さが私は大好き。
ヨーグルトソースにしても美味しいし。

1個でちっちゃな瓶が2つ分。
ひとつは先週からひとり暮らしをはじめた長女のために。

あ、なんか母親らしいなぁ。
日頃はあまり母らしくない私だけれど(笑)
by murmur-cafe | 2012-09-23 21:52 | たべること | Comments(0)

ゆったり働く

今年の2月に転職して、7ケ月余りが過ぎた。
50代で新しい職場が見つかったのは、本当にありがたいこと。


そして以前の仕事は祝日も関係なく、フルタイムの週5日勤務だったので、
今のように祝日に休めるのは、まるで夢のようだ。

それに加えて今は週4日勤務なので、
今日のように土曜日の祝日をはさむと、4連休ということになる。

ずっと2連休すらない職場で8年近く働いてきたので、
4連休なんて、間違いなく長期休暇♪
もう、大空へ解き放たれた気分(笑)


これからの50代はこんなふうに、ゆったり働けばいいんだな。
今まで頑張ってきた、ご褒美だと思うことにしよう♪


収入は以前よりも減ったけれど、たくさんの自由な時間が手に入った。
それは別の意味で、とても贅沢なこと。


大切に使わなくちゃ。
これからの私の毎日。
by murmur-cafe | 2012-09-22 19:30 | おもうこと | Comments(0)

生きるちから

図書館に勤めているのに、自分の図書館で本を借りたことがなかった(笑)
仕事中は、ゆっくり本を眺める時間はないものね。

だけどカウンターで返却された本の表紙を見て、
すぐに自分の名前で貸し出し手続きをした。


『娘・はなへー ママが遺したいのちのレシピ』


いつか新聞のどこかのページで目にしたような気がする。
5歳の女の子が朝食のおみそ汁を毎日つくる...っていう内容じゃなかったかな。


帰りの電車の中で、ページをめくる。


25歳のときに乳がんの告知をうけて、
28歳で奇跡的に小さな命を授かった著者。
「この子を残して先に死ななければならない」という事実と向き合う彼女は、
娘 はなちゃんが強くたくましく生きていけるように、いろいろなことを決心する....。

彼女の言葉、はなちゃんの言葉、ご主人の言葉、
そのどれもが胸の中にぎゅっと響いて、
私は電車の中なのに、涙をこぼしてしまった。


しっかり生きていこう。
前を向いて生きていこう。


そんなふうに胸にきざんだ1日。
by murmur-cafe | 2012-09-19 18:31 | ほんをよむ | Comments(0)

大切なひと

たった今パソコンのメールをひらくと、
思いがけない人からのメールに息をのんだ。


もう6年前にもなるだろうか。
私はとても心が苦しくて、誰にもその思いを相談できなくて、
ブログにそっと綴っていたっけ。
その匿名の空間でだけ、私はありのままの本当の気持ちを思い切り吐き出すことができた。
そうしてかろうじて、前を向いて歩いていくことができた頃があった。


そこで知り合ったひとが、
私よりもほんの少し年下の彼女。
ネットという空間の中でも、
こんなに大切に思えるひとに出会えた奇跡。


たくさんの言葉をやりとりして、
心がつながって、
でも何年かたって私も彼女もブログを更新することをやめて、
そして彼女からは遠く離れてしまった。


2年半ぶりのメールに、胸がぎゅっとしめつけられる。


忘れていないよ。
ネットという空間ではあるけれど、
今でもこれからも、ずっとずっと大切なひと。


落ち着いたら今夜さっそく返信メールを書こう。
あふれる思いをひとつずつ、言葉におきかえてみよう。
by murmur-cafe | 2012-09-18 18:15 | おもうこと | Comments(0)