カテゴリ:結婚式とイタリア旅行( 14 )

アルバムが出来た♪

昨年11月に挙式した、長女の結婚式のアルバムがやっと届いた。
a0291602_16282179.jpg

本人たちにはフルサイズのアルバムで、
そして両家にはミニアルバムと聞いていたので、
小さいものを予想していたのだけれど、
思ったよりも大きくて、ずしりと重い。
ふたりが選んだ26枚と、カメラマンさんが選んだ6枚の、
思い出の30枚のアルバム。


データでは早くからもらっていたのだけれど、
こうしてかたちになると、またちがったうれしさ。


なつかしいイタリアの風景もあって、
また「イタリア行きたい♪」病の復活だ~(笑)


アルバムのページを、飽きもせず何度も何度もめくって
今日はノートパソコンの壁紙を、思わずフィレンツェの風景に変えました。
[PR]
by murmur-cafe | 2015-01-19 16:39 | 結婚式とイタリア旅行 | Comments(0)

またいつか、きままな旅にでかけたい♪

海外旅行なんてもう20年近く行ったことがなくて、
おまけにヨーロッパへ行くのもはじめてで。

言葉もそんなに堪能じゃないし、
食べるものだってきっと日本の和食がいちばん美味しいし、
治安だって、日本のように安全な国なんてないし。

苦労してお金もたくさん使って海外なんてでかけるよりも、
国内で温泉にでもゆっくり行くほうがいいわ~と、
ずっとそんなふうに思っていたわたし。




だけど、そんな思いはどこへやら。





長時間のフライトだって、全然平気。
乗り継ぎだって、もうどこだって出来る!
また海外へ行きたい♪ という思いがいっぱいになりました。


お金をかけなくても、
ちょっとした手間と勇気をおしまなければ、
心に残る旅が出来るんだなぁ。



フィレンツェは特に安全な街で、
危ないめに遭うことがなかったからかもしれないけれど、
夜の街も十分歩くことが出来て、
それがまた美しかったこと。



またいつか、イタリアへ行きたいです♪

a0291602_2331321.jpg


                               夜のアルノ川
[PR]
by murmur-cafe | 2014-11-29 23:38 | 結婚式とイタリア旅行 | Comments(0)

フィレンツェへの旅 その5

楽しかったイタリア旅行もいよいよ最終日。
明日は9時50分フィレンツェ発の飛行機なので、観光はいよいよ今日が最終日。

真っ青な青空。
気持ちのいいお天気。
この1週間ではじめて太陽が顔を出しました♪

フィレンツェの街は歩きに歩いて、頭に地図が入っているほど堪能したので、
今日は電車に乗ってピサへ行くことに。

電車に乗るのははじめてで、うまく切符をかえるかなぁと思いながらも、
ちょっぴり遠出できることも、うれしくてワクワク♪

イタリアの列車の駅には、改札口がありません(笑)
ホームのそばの自動券売機は、どれもクレジットカードを使うみたい。
タバッキとよばれるたばこ屋さんでも列車の切符は買えるのだけれど、
やっぱり窓口できちんと買ってみたくて、切符売場へ。
窓口に列はなく、何やらおじさんがうすっぺらい白い紙を渡している。
銀行でするのと同じように、番号札でした。
電光掲示板に自分の№が出ると、そこではじめて切符を買いに窓口へ行けます。

「Three tickets to Pisa,please.」と、もう5日目になるとすっかり英語に戻ってる私(笑)
片道か往復かを英語で聞かれたので、やっぱりイタリア語で言わなくてよかった~と安心する。
何かイタリア語で聞き返されると、ちっともわからないんだもん...。

a0291602_2215416.jpg

                         これは、ホームにある刻印の機械。
                         これに切符と自分で通して、日時を打刻します。
                         ただ、これだけ(笑)

約1時間、車窓の風景を楽しみながら列車に揺られ、ピサ・セントラル駅に到着。
駅でトイレに行っておこうとしたら、ここではじめて有料トイレに遭遇。
1ユーロって、高すぎ!
トイレにも受付があって、係のひとが料金を徴収。
え~、人件費かかってるやん。

駅を1歩出ると、ヘンなふたり組の年輩女性が何か言いながらぴったりついてくる。
「No」と言っても離れないので、
大声で「No!!!」と振り払う。
あ~、ピサはフィレンツェとはずいぶん雰囲気がちがう。
気をつけなくちゃ。。


20分ほど歩くと、見えてきました♪
a0291602_2216617.jpg










うん、傾いてるね~。

ピサの斜塔は、上まで昇ることができます。
ただし1度に40人ずつなので、予約が必要。
約1時間待ちで予約時間がとれたので、ラッキーでした。






体が傾いているので、なんだかヘンな感覚になりながらもてっぺんまで昇ります。
狭い大理石の階段は、みんなが昇るために真ん中がヘコんでます(笑)
見おろすピサの街並みは、フィレンツェの街とはまた違った色あいでした。
a0291602_22273542.jpg

[PR]
by murmur-cafe | 2014-11-28 22:38 | 結婚式とイタリア旅行 | Comments(0)

フィレンツェへの旅 その4

結婚式が無事終り、4日目の旅は、6時起床!


本日は憧れのウフィッツィ美術館へ。
憧れと言っても、この言いにくい名前の美術館のことを、
私は今回の旅行で初めて知りました。

トスカーナを中心にイタリア絵画の数多くを有し、
その名前は世界中に知られているらしい。
学生の頃に教科書で見た絵画が、そういえば、あれも、これも。
特に見逃せないのは、やっぱり「ヴィーナス誕生」だろうなぁ。
あの貝殻の上にたたずむヴィーナスの、超有名な絵。
(なんとザックリした説明....)
a0291602_229231.jpg


この美術館は、まる1日かけても観られるほどの、想像を絶するほどのスケール。
で、どのガイドブックを見ても予約必須になってます。
「美術館で予約?」と不思議に思うのだけれど、
観光シーズンなど、2時間待ちくらいじゃないと入れないらしい。
予約をしていても切符の引き換えに50分並んだという体験談も....。

予約するには、直接電話(これは絶対ムリやわ~)
あるいは、ネット予約(う~ん、まだちょっと自信がないかも....)
または、オプションで旅行会社に依頼。
だけど、日本で旅行会社に頼むとチケットは3倍くらいのお値段になることも!



で、私たちが選んだのは、
「開館前に並ぶ」というごくシンプルでまっとうな方法!
開館は8時15分という早朝なので、
この時間前の当日券売場であれば、ツアーの団体客が訪れることもなく、
フィレンツェに連泊している人でないと並べないよね、と読む(笑)
実際に「地球の歩き方」にも、
「中途半端な予約時間にするよりも、開館前に並んだ方がいい」という情報も載っていたので、
予約料金ひとり4ユーロもいらないし(高い!)、ケチな私としては、もうコレしかない。

これは大正解で、8時すぎに並んだのに5番目くらい♪
人もほとんどいないので、貸切状態で堪能出来ました。
a0291602_18501134.jpg

10時すぎると、人が湧き出るように増えてきた~。
ツアーの日本人団体客、それもほとんど女性ばかり..の多いこと!
あ~久しぶりのなつかしい日本語やわ。
だけどオバサンたちは、結構ウルサイ(笑)

驚くことに、美術館内では写真撮影OK。 太っ腹やなぁ。。
ただし、フラッシュは禁止ですが。
(日本の美術館のように暗くしていないので、フラッシュなんてぜんぜん不要!)

作品はもちろん素敵で大迫力なのですが、
館内の天井の美しさにも、本当に大感動しました♪
a0291602_1859474.jpg

a0291602_190582.jpg

a0291602_1903684.jpg

                              華麗なる天井♪
[PR]
by murmur-cafe | 2014-11-26 19:10 | 結婚式とイタリア旅行 | Comments(0)

フィレンツェへの旅 その3

さて、フィレンツェ3日目は、いよいよ長女の結婚式。
つまり、この旅行のメインイベント!
でもメインと言いながらも、「明日はここへ行こ」「こんな所も行ってみたいよね」と
フィレンツェ観光にすっかり心奪われている私たち。


「今日だよね~、結婚式」
「すっかり忘れて、美術館の列に並んでたりしたらタイヘン!」と、
これは新婦の母にはあるまじき発言(笑)
なんだかしんみりとするヒマはありません。。


挙式は午後2時半からで、
「10分前じゃないと教会の門の鍵が開かない」と娘から聞いていたので、
午前中はまた観光に、街へ繰り出す私たち(笑)

昨日10ユーロで買ったドゥーモの共通チケットを眺めていると、
最初に入館してから24時間以内であれば有効であることに気がついたので、
まだ行っていないドゥーモ附属美術館へ。
ところが到着してみると、
通路の入口ではなにやらコワそうなおじさんがパイプ椅子に腰掛けていて、
「改装工事中だから入れない」とのこと。

何百年もの歴史ある建物が集まっているフィレンツェでは、
しょっちゅうこのようにどこかを修理・補強していて、珍しいことではないみたい。


a0291602_11563290.jpg
さすがに遠くまで出かけるのは無理なので、スーパーマーケットへ行って、
ペットボトルの、ガスなしのお水をまとめ買い。
ジュースや、職場へのばらまきみやげ(笑)のお菓子も購入。
その土地のスーパーマーケットは、私の大好きな観光場所のひとつだ。

お水が安くてうれしかったなぁ♪
ふつうのタバッキとよばれる小さなショップだと2.5ユーロなんていう値段に驚く。
空港の自販機では3ユーロだった!







13時になると次女のヘアセットのために、
ウェディング会社の女性スタッフさんがホテルへ娘を迎えに来てくださり、
着替えた夫と私は、歩いて教会へ。

スタッフさんから新婦のベールダウンのやり方を教えてもらい、
夫はバージンロードの歩き方を説明してもらい、
あっというまに本番がスタート。
「お母さまはベールダウンしたあとは、席に戻ってください」と言われて、
もう少しでそこからまっすぐ席に戻るところだった。
あ!ぐるーっと脇にまわって、いちばん端から戻らないとね。
だってここがバージンロード、そんな神聖な道を母が先に歩いてどうする(笑)
「ほんまに気がついてよかったわ」とひとり胸をなでおろす私。
日本の結婚式用のチャペルとちがって、
布とかが敷いてあるわけでもなく、ごく普通の通路なんだから~。

誓いの言葉をのべて指輪をして、結婚証明書には新郎の父がサイン。
なんだかあっというまに時間が過ぎてしまった。
牧師さまが映画女優のようにきれいな女性だったので、見とれてしまいました~。
式はイタリア語ではなく、英語で。
スタッフさんが時々日本語の訳も入れてくださいました。
ま、これはどっちでもいいかな?(笑)

式が終わって、外でみんなでシャンパンで乾杯。
並んで写真をとりました。
プロのカメラマンも、女性。
撮影の仕方にもこだわりがあって、彼女もかっこよかったなぁ。
このあと引き続きフォトツアーに観光スポットに撮影に出かけた娘たち。
写真のアルバムが楽しみです♪


a0291602_11471232.jpg

[PR]
by murmur-cafe | 2014-11-24 12:40 | 結婚式とイタリア旅行 | Comments(0)

フィレンツェへの旅 その2

今回のイタリア旅行は、同じホテルに5連泊して、
ゆっくりフィレンツェの街を楽しもうという滞在型。
「屋根のない美術館」と呼ばれる美しいフィレンツェの街を、
心ゆくまで歩いて楽しむのが、わたしたちの旅のポリシー(笑)です。

第1日目の街歩きは、まずは明日の結婚式の教会の下見から。
2ブロックほどしか離れていないので、10分くらいで到着、確認。
そのあとは街を流れるアルノ川沿いに散歩して、観光スポットをめざします。

a0291602_1352357.jpg







お天気はあいにく、雨が降ったりやんだり。
石畳の道は、狭くて建物の背の高いこと。


目の前にあらわれた、フィレンツェの象徴ドゥオーモ。
サンタ・マリア・デル・フィォーレ(花の聖母教会)とも呼ばれます。
その大きさにも圧倒されて、しかも言葉をなくすくらい、荘厳で美しい!
カメラにおさまりきれません(笑)
a0291602_141393.jpg


まっすぐにそびえ立つジョットの鐘楼のてっぺんまで歩いてのぼって
まあるいクーポラとフィレンツェの町並みを見下ろします。
414段の階段をあがりきると偶然12時となり、
体を揺さぶりそうな鐘の音が、すぐ真上で鳴り響きました。
a0291602_14134347.jpg

                     360度のパノラマで、フィレンツェの街を一望♪


入場のチケットを買うときには、
「Tre、per favore.」(3枚ください)
「わぁ~、お母さんちゃんとイタリア語使ってるやん」と家族からは尊敬のまなざし(笑)

だけどね、数字は3までしか覚えていない。
uno=1 ウノ
due=2 ドゥエ
tre =3 トゥレ
3人だからね~。
きっとこれだけで、どこでもいけるさ♪(笑)
[PR]
by murmur-cafe | 2014-11-21 14:48 | 結婚式とイタリア旅行 | Comments(0)

フィレンツェへの旅 その1

イタリア中部のトスカーナ州の州都、フィレンツェ。
日本からの直行便はないので、
私が行くフリーツアーは、ルフトハンザ航空を利用、フランクフルトで乗り継ぎをすることに。


なので、入国審査はイタリアではなくて、ドイツで。
窓口にいたおにいさんの「どこへ行きますか?」という質問には、
「フローレンスへ」と胸をはって答えるのだけれど、
「そのあとは日本へ戻るの?」という予想外の質問に英語が聞き取れず、
「え?アフター?」と日本語が混じる(笑)
簡単な英語なのに、ねぇ。
でも、日本に戻るのに決まってるやん(笑)


関空から出国したときにもやった手荷物検査をもう1度受けて、
(このとき、ブーツまで脱がされます~)
搭乗ゲートへ無事に到着。
乗り継ぎ時間が1時間20分しかなかったので、無事に乗り継げてほっと安心。

a0291602_22474852.jpg
フランクフルトからの飛行機は小さくて、
珍しく、タラップの階段をのぼって飛行機に搭乗するスタイル。
次女は「わぁ、大統領みたいやん」とはしゃぐ(笑)

合計約14時間飛行機にのって、フィレンツェには同日の夕方到着。
市内行きの空港バスが出たばかりだったので、タクシーでホテルまで。
ぼったくられないように、きちんとタクシー乗り場から乗ります。
ホテルの住所をカードにメモをしていったので、それを見てもらう。
(準備万端でしょ、と家族に自慢する!)


ホテルに着くと、外壁の工事中で壁面には一面の足場が....。
あらら~と軽いショックをうける(笑)
そんなことは聞いてなかったわ。。
100年ほどにもなるホテルだけれど、2年前に内装をやりかえているので、
ホテルの中はネットで見ていたとおり、とてもきれいでスタイリッシュでほっとする。
トリプルの部屋のせいか、ヨーロッパのホテルの部屋にしては広くて、
何よりもバスタブがあってうれしかった。

a0291602_22524195.jpg
レストランで食事をするほどおなかが空いていないので、
近くのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅へ行って、飲み物とパニーニを買う。
せっかくパニーニを温めてくれたのに、ウロウロしてたのでホテルへ戻るとすっかりさめてて、
固くてあんまり美味しくなかった~。


いよいよ「ボンジョルノ」(こんにちは)と「グラッツェ」(ありがとう)の
旅のはじまりです♪
[PR]
by murmur-cafe | 2014-11-20 14:53 | 結婚式とイタリア旅行 | Comments(0)

8時間の時差

今朝も寝坊をしてしまった~。
6時半に次女を起こそうと思っていたのに、起きたら8時半。
目覚まし時計も効きめなし。

帰国してから娘は2度目の遅刻。
まぁ、大学生ともなれば、本人の責任でもあるけれど、ね。



時差ぼけが、ものすごくひどい私(泣)



イタリアから帰国した翌日はまだ休暇をとっていたので、
ぐっすり眠って、起きたら14時半だった。
翌日は出勤だったので早くリズムを戻さなきゃと思いながらも、
午前2時まで眠れず、2時間だけ眠って出勤して、普通にサクサク働く。
これって昼寝だった?(笑)



イタリアに着いたときも、私だけがなかなか時差になじめず、
毎日午後5時頃になると、眠気がやってきて、
それもまるで徹夜しているかのような、強烈な眠さ。
結局体がなじんだのは5日後くらい。
それって、もう帰る前の日やん(笑)


そんなわけで、なかなか旅行の思い出もまとめられず...。



自由きままなフィレンツェの街歩きは、
治安もよかったのでコワイことにも全く遭遇しなかった。
心配していたフランクフルトでの飛行機の乗り継ぎもバッチリ出来て、
時間に縛られないで観光した毎日が、最高に楽しかったなぁ。


またイタリア行きたい~♪ と、
昨日も格安イタリアツアーをネットで検索をしていた私です。
[PR]
by murmur-cafe | 2014-11-15 15:27 | 結婚式とイタリア旅行 | Comments(0)

フィレンツェでの結婚式

今回娘たちが挙式したのは、フィレンツェにあるセント・ジェームズ教会。
街の中心の駅からほど近いけれど、静かな町並みのなかの教会でした。
前日の雨があがって、ほっとしました。


a0291602_1450721.jpg


「牧師さまは、おじいちゃん」のイメージは、見事にくつがえされ、
ベリーショートの金髪がとても美しい女性。
まるで女優さんのように美しく、そして威厳のある立ち振る舞いで。
本当に素敵な方でした。
(写真をのせられないのが残念~)


a0291602_14595573.jpg

                             愛は忍耐強い。
                             愛は情け深い。
                             ねたまない。

                          愛は自慢せず、高ぶらない。

                          すべてを忍び、すべてを信じ、
                          すべてを望み、すべてに耐える。

                        (コリント信徒への手紙13章より抜粋)
[PR]
by murmur-cafe | 2014-11-14 15:07 | 結婚式とイタリア旅行 | Comments(0)

帰国しました

昨日、イタリアから無事帰国しました!

フィレンツェは本当に素敵なところで、
イタリアが大好きになりました。
思い出深い7日間でした。


そして心に残る結婚式も....。


また、ゆっくり綴っていきますね♪
a0291602_22433229.jpg

[PR]
by murmur-cafe | 2014-11-12 22:48 | 結婚式とイタリア旅行 | Comments(0)