カテゴリ:ほんをよむ( 50 )

電車のなかで読書タイム

昨日から夏休みになりました。


私の勤める図書館は大学の中にあるので、
授業が夏休みになる8月・9月は、週4日から3日になります。
そして長めのお盆休みと。
今年はシステムのメンテもあり、例年よりも長い13連休となりました。
(出勤曜日の関係で、同僚はなんと17連休!)


ちょうどいいタイミングで、
市の図書館で予約していた本が、同時に3冊手に入りました。

a0291602_18212802.jpg

東野圭吾は相変わらずの人気で、
「危険なビーナス」は、確か昨年の9月に予約したもの。
6冊ほど蔵書数があるのに、ね~。
まだまだ私のあとにも80人以上の待ち人数です。


江國香織さんと井上荒野さんの対談集は、さらりと読めそう。
30年来の友人というお二人は、どちらも大好きな作家さんです。
作品は、ほぼ全部読んでいるかな。


そして辻村深月さんも、最近好きな作家さんで楽しみです。



この休み中は、実家へ足を運ぶ回数が多いので、
片道90分ほどの電車に乗る時間が、私の読書タイムです。



[PR]
by murmur-cafe | 2018-08-09 18:34 | ほんをよむ | Comments(0)

久しぶりに読書

いつもなら、月に10冊余り本を読むのですが、
しばらく読書を封印中(笑)


元旦の日に、
ネットでポチッと実用イタリア語検定試験を申し込んだのですが、
そうはいうものの、私の実力ではとても合格には及ばないので、
本を読むひまがあれば、参考書を読まなくちゃと決心して、
電車の中でも赤シート片手に、検定試験の教本のページをめくっています。
(ただし電車の中では、いつもながら数分で爆睡!)



だけどどうにも禁断症状が苦しくて、
こちらの本をいっきに読みました。

a0291602_18063048.jpg


この作家さんは、特別好きというわけではないのですが、
この本を前から読みたくて、図書館から借りていました。




5つの作品の短編集なのですが、
ほっこりして、
あたたかい気持ちになれて、
だけど淋しくて、
せつなくて.....。




あ~、やっぱりイタリア語をよこっちょに置いといても、
読んでよかった!....です。



作者のあとがきによると、タイトルにもなっている作品が、

「これまで書いた自分の作品の中で、いちばん好きです。
これが書けたので、小説家になってよかったと思いました」
と、ありました。



心にじんとくる余韻は、読書の醍醐味ですね。
3月の試験が終わるまでは、あまり冊数は読めないけれど、
やっぱり完全には読書を封印出来そうにもありません(笑)









[PR]
by murmur-cafe | 2018-01-08 18:27 | ほんをよむ | Comments(2)

この本と一緒に

普段は本を買わない私ですが、
旅行へいくときだけは、文庫本を1冊買います。
がさっとカバンの中に無造作に放り込みたいので、
こういうときは、図書館の本というわけにもいきません。


来月なかばに行く、2度目のフィンランド。
本屋さんへ行く時間のあるときに、早めに探しておかなくては...。


で、選んだのがこの本です。




a0291602_10380557.jpg

「おトモ文庫」って、うまいこと言うなぁ。
思わず買ってしまいました(笑)






そして、かけてもらったカバーのかわいいこと!
いつもの書店名の入ったのは、ちょっと違う♪





a0291602_10405600.jpg


この夏限定の「日本の文豪キャンペーン」をやっているそうで、
ちっちゃい文豪たちが、ここにも(笑)




すぐに読みたいのをガマンして、
旅行の準備用の紙袋のなかへしまっておきます。







[PR]
by murmur-cafe | 2017-08-17 10:53 | ほんをよむ | Comments(0)

久しぶりの村上春樹

ずいぶん久しぶりに、村上春樹の本を読んでいます。
この本、市の図書館では160人待ちの予約が入っていました!

a0291602_11261396.jpg




うちの図書館では、
普段あまり小説は入らないのだけれど、この本は珍しく...。
ひっぱりだこだと、職員としては借りるのを遠慮するのですが、
長らく借り手がなかったので(笑)
(信じられないなぁ.....)

熱狂的なファンのハルキストさんたちほど、
村上春樹が大好きというわけではないけれど、
その文章の雰囲気とか流れは、好きなほうに入るかな。



この作品は評価が分かれるらしいのですが、
私は読む手がとまらなくて、第一部をどんどん読んでいるところです。
絵を描くのが好きなので、ひかれるところもあるのかな。
何の予備知識ももたずに読みはじめたので、
この不思議なタイトルは、いい意味で私を裏切ってくれました。

もうすぐ第一部を終わりますが、
どういう展開になるのかなぁ.....。







[PR]
by murmur-cafe | 2017-07-31 11:39 | ほんをよむ | Comments(0)

電車のなかでは..

この2日間で、LINEの楽しさを実感♪
ほんとに便利。
ほんとに楽しい~。
スマホにも少しずつ慣れて、少しずつ前進(笑)
(少~しだけね)



だけど、駅や電車の中ではスマホは開かないでおこうと、決心。
ゆるく決心(笑)
楽しくてもね、あんまり依存はしたくありません....。



これまでどおり、電車の中では本を開くことにします。
心地よい揺れで、すぐに寝ちゃうんですけれど(笑)


今、読んでいるのはこの2冊。




a0291602_22560355.jpg

荷物が軽いときは、単行本。
小川洋子さんの「不時着する流星たち」
重いときには、文庫本の「ぬるい眠り」
この作品も、まさに江國ワールドだなぁ。
どちらも短編集なので、電車の中では読みやすいです。
同時進行はあんまりよくないかもしれませんが、混乱はしないので大丈夫(笑)


この連休中も、たくさん本を読みたいです♪








[PR]
by murmur-cafe | 2017-05-02 23:07 | ほんをよむ | Comments(0)

こまぎれ読書

毎日クルクルと家のなかで忙しくしていますが、
時間がないならないなりに、
どうにかこうにか時間をしぼりだして、
かたわらに、本。

どんなに忙しくても、
本のない生活は、やっぱり考えられないな。


細切れの時間でも読めるエッセイを。
5分もあれば、1つの作品が読めるので。
時間があれば、もうひとつ、あとひとつ(笑)


そんなふうにしながら、
娘が退院してから、2冊エッセイを読みました。


「不思議な羅針盤」  梨木香歩
「カラーひよことコーヒー豆」  小川洋子





読んでよかったなぁ、どちらの作品も。
しみじみと、よかった....。


よい本との出会いもまた、至福のよろこびです。








[PR]
by murmur-cafe | 2017-02-27 13:23 | ほんをよむ | Comments(0)

新しい図書館へ

かれこれさかのぼること2週間くらいは、
落ち着かなくて、
携帯のメールの着信が気になって。
とうてい本などゆっくり読む気にもなれなくて。


駅前に新しくオープンした公共図書館は、
移転前よりも蔵書数が2倍になり、
スペースも3倍だったかな?
それはそれは立派なものが出来たのだけれど、
先月末にはじめて立ち寄っても、じっくり楽しむ心の余裕もありませんでした。



昨日の娘の検診でも
「まだやね~」と言われたので、
思えば、「今日かも!」というドキドキをもうかれこれ3回ほどやり過ごし、
「きっと、まだよね~」と、今は不思議なほど、リラックス。
なんかもう、これは居直った気分です(笑)



と、いうわけで今日は新しいピカピカの図書館で、ゆっくりくつろいできました。


角田光代の「くまちゃん」
内田洋子の「ミラノの太陽、シチリアの月」 を、ここ数日で読み、
今日は借りてきた 光野桃の「スランプ・サーフィン」を読んでます。




今日から始まった月末までの有給休暇。
心を落ち着けて、
こうして時間があるうちに、またいっぱい本を読もうっと♪










[PR]
by murmur-cafe | 2017-02-07 23:01 | ほんをよむ | Comments(0)

12月

時間が過ぎるのが驚くほどはやくて、
1週間・1ヶ月が飛ぶように過ぎていく。

今は扶養範囲内のパートの仕事なので、
忙しすぎるという感じでもなく、
時間が過ぎるのが早いということは、
まぁまぁほどほどに充実した毎日を
機嫌よく過ごしているっていうことなのかな。


あっというまに、12月。
また毎年のように実感もわかないまま
「あけましておめでとう」を迎える予感(笑)


私の住む街の図書館が、移転のために長期休館中。
なので、職場で本をささっとをみつくろって借りて帰る。
こういうときに便利なんだな。


久しぶりに江國香織さんを読む。
「きらきらひかる」


江國ワールドは、やっぱり好きだなぁ。
いつも透明で、せつなくて.....。
[PR]
by murmur-cafe | 2016-12-01 17:41 | ほんをよむ | Comments(0)

変われる

いつも図書館で借りている本を全部読んでしまったので、
それならばと、昔買った古い文庫本を引っぱり出してきた。

a0291602_2236390.jpg



「むりなく、心地よく、自分らしく暮らすために」 がテーマのこの本。
著者が作詞家であるせいか、
ことんと胸の中に、小石が落ちるような言葉があって。



家のリフォームのことを書いた 「変わっていくこと」 という章。

   時はながれ、じぶんもながれる。
   そんな意識がどこかにある。
   時代の気分を感じながら、常にいまを生きたい、と思っている。
   いまがいちばんいい時でありたい、と思っている。
   それは変わってゆくことだ。
 
   私たちは、変わってゆくし、変わってしまう。
   けれど、これからも、変われるのだ。


                         「いいかげんに片付けて美しく暮らす」 / 岩里祐穂 より抜粋



新しいもの・こと・人 とめぐり会う4月。

「これからも、変われるのだ」という言葉が、
なんだか背中を押してくれるような気がします。
[PR]
by murmur-cafe | 2016-04-07 22:58 | ほんをよむ | Comments(0)

猫好きには、たまらない♪

長女の誕生日のプレゼントに、この本を買いました。


a0291602_1639020.jpg


誕生日は5月なのでまだ先ですが、
生協で10%オフの期間なので、ネットで注文して買いました。
だって、高いんだもん(笑)

届いた本を見て、びっくり。
重たい。
予想よりもずっと大きい。

おまけに、写真の美しいことといったら!


この内容なら、このお値段はとても安いと思います。
きっと空前の猫ブームで人気なので、
たくさん刷って、単価を抑えられたのでしょうね、きっと。


結婚してはじめて猫を飼うようになった長女は、
猫にメロメロです。
この写真集、喜んでくれるといいなぁ♪
[PR]
by murmur-cafe | 2016-03-21 16:50 | ほんをよむ | Comments(0)