人気ブログランキング |

蚤の市にいってきました

お天気がよくて、久しぶりに暖かくなった日曜日に、
はじめて競馬場へ行ってきました。
あ、競馬はやりませんけど(笑)


a0291602_16033783.jpg

この楽しそうなイベントが、
なんと競馬場の中の敷地でやっていたのです。

器や雑貨、アクセサリー、古着や古本。
関西北欧市と題して、北欧雑貨のお店もたくさん。
そして人気の豆皿市&箸置き市があり、
100店以上のお店が、所狭しと並んでいました。

マップをもらっているのだけれど、
あまりにもお店が多すぎて、もはやどこをどう見ているのやら....(笑)
手作りのワークショップなどもあるので、
小さな子ども連れの家族や、そしていわずと知れた雑貨大好き女子で、
会場はものすごい人出でした。



かわいいなぁ。
素敵だなぁ。
そんな気持ちをぐっとおさえて、
私が買ったのはこれだけです...。

a0291602_16151775.jpg



レターセットと、昭和なブローチ(笑)
そして、「バールのイタリア語」という古本を1冊。
(これが、ものすごく良かった♪)




かわいい器がたくさんあって、
豆皿にもうんと心ひかれたのですが....。
実はつい先日、食器棚を替えたために、
ごぞっと食器を処分したところでした。



かわいいけど、結局何年も使っていない。
同じような大きさのお皿があるので、これはもういいかな。
こんなにしまっていても、結局使わないから、
思い切って処分してしまおう!



たくさんあっても、よく使う食器はいつも決まっているので、
いいなと思っても、新しく買うことはもうやめておこう。
これ以上増やすのは、とりあえずやめておこうと、
ほんとに山のように食器を処分したところで....。





「断舎離」という、はやりの言葉はあまり好きではないのですが、
でもやっぱり少しづつ身軽にシンプルに、
必要な少しのものだけで暮らしたいと思うようになってきたのは、
きっと50代も終わりにさしかかっている年齢のせいだと思います。
若い頃とちがって、「素敵だから」だけでは、
もうモノを増やすことが出来なくなってきたこの頃です。



「北欧市」にしても、
現地で蚤の市を楽しんで、めぐりあったその雑貨を買って帰ることは、
それも大切な旅の思い出のひとつになるのだろうけれど、
とても高い値段のついた、ごくごく普通の雑貨を
(海外まで買付にいかれるのだから当然なんだけど)
日本の蚤の市で買うのは、ちょっとちがうかなぁ。


などと、ケチな私はいろいろ理由をつけて、
財布のひもがなかなかゆるみません(笑)



それでもたくさんのかわいいものを見たことは、
とても楽しいひとときで、
いくつになっても雑貨大好きで(笑)
おまけにレース前の馬もじっくり鑑賞して(!)
(レースに出る馬って、ほんとに美しい♪)
うまれてはじめての競馬場は、楽しい1日になりました^^






by murmur-cafe | 2017-12-04 16:51 | たのしむ | Comments(0)