2冊目の絵本づくり

久しぶりに時間がとれたので、
やっととりかかることが出来ました。



ビルマ語(!)の絵本づくり。
....といっても、難しいものではありません。
日本語の絵本の文字の部分に、
ペタペタとビルマ語に翻訳されたシールを貼っていきます。




以前、ブログにも書いたことがあるのですが、
1回目は「はらぺこあおむし」
今回は、この絵本です。


a0291602_21474108.jpg

結構なインパクトの表紙だ!(笑)





こんなシールを貼っていきます。


a0291602_21494993.jpg

黒い線がみえないように、線の内側を切っていきます。
1こづつ順番に、切って貼ります。
いっぺんに切ってしまうと、どれかわからなくなります(汗)
ビルマ語は、なんせ読めませんから(笑)




a0291602_21525683.jpg

こんなふうに...。



最後に、製作者のわたしの名前も書きます


a0291602_21543228.jpg


ビルマ語のあいうえお表をもらっているので、
ちゃ~んとサインが出来るんです♪





私がこうしてつくった絵本は、
他の絵本と一緒にまとめられて、
ミャンマーの難民キャンプに届きます。



好きな絵本と言語と届け先を選んで(いくつかの中から)
翻訳絵本づくりが出来るこの作業。
絵本のセット代金と、とりまとめてくれる団体への送料(国内)を負担するだけの、
ささやかな、でも楽しいボランティアです。


それほど経済的に余裕があるわけでもない私は、
大きな寄付とか定期的な募金とか、
そういう立派なことは残念ながら出来ません。
でも、本好きな私が自分のおこづかいの範囲で、
こんなふうに楽しみながら、
どこかで誰かの役に立てることが、
いつもちょっぴりうれしくて。










[PR]
by murmur-cafe | 2017-10-30 22:37 | たのしむ