イタリア語のおかげで

毎週金曜日に習っているイタリア語も、年内最後の講座が今日で終了。
あと残すは、来年の4回のみとなりました。


先月あたりから、文法がとても難しくなって、
わたしなりの佳境へ突入(笑)


英語にはない、近過去とか半過去とか....。
もう、そんなにややこしい動詞の語尾変化は、
これ以上はカンベンしてほしいんだけどなぁ。


こうして結構苦しんでいるのだけれど、
だけど、90分の講座が終わったときの、
このなんともいえない充実感と解放感。


不思議だなぁ。



日々の暮らしの中の、ちょっとしたマイナスな気持ちは、
たとえば、
仕事をしているなかでの、同僚からのささいな態度や言葉の棘。
待っても待っても手に入れられないものに対するあせり。
急に心深くにしみわたる孤独感。


相手があってのことで、
自分の思うようにならないことがあるときに、
時々はまりこんでしまう、心の闇。



イタリア語の文法を理解しようと必死に格闘していると、
こういった日常生活の闇の部分からはしっかりと切り離されて、
ただただ頭を集中させるわたし。
そしてひとつずつステップアップしていくたびに感じる充実感。



自分が理解できるようになるためには、
自分自身がしっかり努力するほかには道がなくて。

人に頼るのではなく、
人に期待するのではなく、
人にしてもらうのではなく、

それは、自分自身の行動でしかなくて。



うまく言葉には出来ないんだけれど、
この1年間はこうしてイタリア語に心を傾けることによって、
わたしはずいぶん救われてきたように思います。
勉強しなければいけないことがあって、ほんとによかった.....。




いつも夢中になれるなにかを持っていたいと思います。
そしていくつになっても、
そういうものを見つけられる、私であれたらうれしいです。
[PR]
by murmur-cafe | 2016-12-16 21:45 | おもうこと