土曜の夜の美術館

久しぶりの4連休なので、昨日はゆったりした気分で美術館へ。
「ジョルジョ・モランディ ー終わりなき変奏― 」へ行ってきました。


混んでいる展覧会は苦手なので、
8時まで開館している土曜日の夕方に出かけました。
4時前に到着すると、まだたくさんの人・人。
館内で各地の美術館やギャラリーの案内を眺めて時間をつぶしていると、
4時からレクチャールームで、学芸員さんの解説があるとのアナウンス。
思いがけない機会に感謝して、展覧会のみどころをしっかり解説してもらいました♪
ゆっくりと余韻の残る解説は、土曜の夕方の落ち着いたひとときにぴったりで、
絵の見方の参考にもなって、参加してよかったです。



ジョルジョ・モランディは、イタリアのボローニャの生まれ。
瓶や花瓶などをやさしい色彩で描いています。
先日行った江國香織さんの講演会で、
江國さんが「神戸にきてポスターを見て、モランディに心ひかれた..」とも聞いていたので、
とても楽しみにしていました。

a0291602_2117146.jpg


少し配置を変えただけで、よく似た構図の静物画。
若い頃なら少し退屈したかもしれません。
でも今は、そのやさしい色づかいや、
少し位置を変えただけで、まためぐりあえた瓶のかたちなどに、
なんともいえない安心感、やすらぎのようなものを感じます。



またイタリアへ行きたい理由が、ひとつふえました。
いつかボローニャのモランディ美術館へも行ってみたいです。
[PR]
by murmur-cafe | 2016-01-17 21:32 | たのしむ | Comments(0)